漏斗胸と息苦しさは関係するのでしょうか

漏斗胸と息苦しさはどの程度関係するのでしょうか? | 東京都世田谷区 漏斗胸整体のちゅうしん整体院
この記事のダイジェスト解説動画(動画からこちらへ飛んできた方はとばしてください)

「漏斗胸のためかわからないけど、息苦しさがある」、といって相談に来られる方がおられます。

acworksさんによる写真ACからの写真

確かに、漏斗胸の形状は、胸郭内部の心臓や肺を圧迫しますから、いかにも息苦しさに関係がありそうに思われます。

しかし、私の経験上からいいますと、漏斗胸の形そのものが息苦しさに直結しているのではないケースもかなり多いです。もともと、重度の漏斗胸は病院にいってしまうので、当院に相談に来るのは軽度の漏斗胸の方ばかりであるという事情もありますが。

息苦しさは、形よりも内臓周辺の癒着の影響が大きいのでは?


そのような方に対して行う、施術の内容としましては、もちろん、漏斗胸の改善も目指しますけれど、それより重要なのは内臓そのもの(主に肺、心臓まわりであるが、同時に横隔膜より下にある、消化器系の臓器も横隔膜の動きを阻害する可能性があるので注意する必要がある)の硬さです。そして、内臓そのものの硬さというのは、周辺の組織と癒着することによって起こってまいります。たとえて筋肉で言えば、筋膜の硬さにちかいものがあります。そういうわけで、このような癒着による硬さに対しては、当院では気功を局所的に施すことによって対処しています。

acworksさんによる写真ACからの写真

癒着は内臓を硬くするだけでなく、周辺を走る神経や血管を圧迫する

ちなみに、このような癒着は、血管や神経の圧迫、伸長にもつながります。それを感覚受容器が感知して脳に息苦しさとして認識されている可能性も否定できません。先日ご来院になったお客様などは、あごをあげるようにして、首を後ろに倒すと、一時的に息苦しさがやわらぐとおっしゃっていましたが、これなどは典型的な血管、神経圧迫の解除法であろうと思います。

といいますのは、心臓、肺周辺の血管や神経は首という細い領域を通過して脳へとつながっています。その通り道となっている首の前面は、あごを上げて、首を後ろに反らせればある程度解放できます。これによって、首を通過する血管、神経の圧迫が一時的に弱まり、息苦しさを減じるものと考えられます。

おおもとをたどれば結局漏斗胸が原因にはなっているでしょうが

このように癒着の重要性について述べさせていただきました。しかし、この癒着の原因は何か?ということになると、もとをただせば漏斗胸が原因だったといえなくもありません。胸郭内部が圧迫されることにより、内臓の動きが悪くなった結果として、癒着がうながされたと考えることもできるからです。一般に、筋肉でも内臓でも、動きが悪くなっていると、周辺の組織と徐々に密着していき、そのはざまの血流が悪くなるために、老廃物が蓄積し、それが組織の癒着へとつながっていくと考えられるからです。まとめると、こんな感じです。

  1. 漏斗胸の形状が内部の肺や心臓を圧迫
  2. 肺や心臓が動きにくい状態で年月が過ぎる
  3. 肺や心臓と周辺組織が密着し、徐々に癒着していく

しかし、癒着してしまった後となっては、漏斗胸の形状に対処しても、癒着はもとにはもどりません。だから、癒着そのものに対する対処が重要になるというわけです。

おおもとの原因をたどればそれですべて解決するというわけではないということです。世の中の問題は、たいていこのような構造だと思います。おおもとの原因だけでなく、そこから派生した2次的、3次的原因も考えなくてはなりません。

治療の経過について

さて、先ほど述べましたように、当院では、漏斗胸の改善と同時に内臓の癒着に対して、局所的にポイントをしぼって、気功を施すことにより対処していきます。その結果、何が起こるでしょうか。


まず、その場で内臓の動きはよくなり、息が深く長く、吸い込めるようになります。しかし、それで完全に癒着がはがれるわけではありません。むしろ癒着がはがれやすい状態(下準備といってもいいでしょうか)ができただけです。なぜならば、血流が通りますので。

それで、あとは、継続的に施術を受けていただく中で、血流をいい状態に保ち、徐々に体の新陳代謝の作用によって、癒着部分の組織が生まれ変わるのを待っていれば、自然に癒着ははがれていきます。

きちんと癒着がはがれて、息苦しさが戻らなくなるためには、それなりに時間が必要です。たとえば週2回のペースできていただいたとして、最短で3か月はかかると思います。ちなみに、胸郭のへこみ(漏斗胸の形状)についても、同様の期間は施術後もとに戻ってしまいます。したがって、息苦しさの原因が癒着であっても、漏斗胸であっても、いずれにしても最良のペースで最短3か月は見ておかなければなりません。(その後、ペースを落としながら、経過観察する期間も必要です)


中には、ラッキーなケースで、癒着が非常に弱いために、割と3回くらいの施術で、あまり息苦しさを感じなくなってしまう人もいます。そのように、ラッキーなケースにあたるかどうかの判別は難しく、実際には施術を受けていただき経過を観察してみないとわかりません。

当院へのご相談

当院では、完全予約制で施術を行っております。初回は詳しいカウンセリングも行いますので、1時間30分ほどのお時間をいただいております。また、初回は初見料もかかります。

料金の詳細はこちら⇒トップページ
ご予約お問い合わせはこちら⇒
ご予約フォーム

※【受付時間】
月・火・木・金:10:00-14:00、16:00-20:00
土:10:00-14:00
水・日・祝:定休

コメント

タイトルとURLをコピーしました